チョウヒョンレBANDと木村ひさしBAND

f0122477_20244699.jpg

午前10時、台風接近による土砂降りの中、吉祥寺のスタジオでチョウヒョンレBANDのリハーサル開始。メンバーはGuitar/Voチョウヒョンレ、Guitar中森泰弘(Hicksville)、Drums吉澤響(セカイイチ)、Bassワタクシ。4時間でダーッと全曲をさらって何とかカタチにしていく。実際音出すまでは不安だらけでしたが、中森さんや響ちゃんがいてくれたおかげでイメージ通りのサウンドに仕上がった!

そしてリハーサルを終えたらあれだけ降っていた雨がほとんど止んでいた。これは幸先良い!そのまま中森さんの車に乗せてもらって青山月見ルへ。響ちゃんはセカイイチのTDのため一端別行動。
f0122477_20383117.jpg

予想された渋滞も無く予定通り午後15時半会場入り。木村バンドの面々とも合流。両バンドのサウンドチェックも無事に終えて後は本番を待つばかり。。。

チョウヒョンレBANDはチョウくんの弾き語り「ひとりでできるかな?」の後バンドイン。中森さんも響ちゃんもにこやかな表情ながらも集中しているのが見て取れた。オレも緊張を保ちながらみんなの音に集中。一曲一曲を噛みしめながら音を出す。何だかアッという間に全6曲が終わってしまったけど何となく手応えはあった。

そしてすぐさま木村ひさしBAND!今回は木村さん、drumsモリヨシキ、オレのトリオ編成でのスタートだったので、こちらも自ずと緊張と集中を要する内容。いつも以上に鬼気迫る木村さんの表情にどんどん気持ちが昂ぶる。そして3人で演奏した数十分間、3人の中心に確実に核と呼べる何かが存在しているのを感じた。さらに終盤、guitar佐々木良(キンモクセイ)とsax加藤雄一郎が加わり、放射状にバンドの音楽が広がる…

チョウBAND、木村ひさしバンドともいくつか個人的な目標を掲げて臨んでいたけど、ほぼそれはクリア出来た。もちろん反省点も多々ありますが、結果として素晴らしいライヴになった。ウッディーもデビューさせてもらったしぃ。

初お披露目チョウBANDも絶賛の嵐で嬉しかった。何よりチョウくん本人が「歌っててめっちゃ気持ちよかった!鳥肌が立った!」と言ってくれて、バンドの一員として参加出来た事を誇りに思えた。このメンバーでまた一緒に出来ればいいな。
f0122477_2117177.jpg

楽しいライヴの後には楽しい打ち上げあり。木村さんともいろんな話をした。写真の木村さんは泣いているように見えるけどどうなんでしょう?

さてさて今日からは8月のスペシャルBANDでのライヴ準備に取りかかります。詳細もちょっとしたら発表出来ると思います。もちろんKHBのライヴもありますよ。こちらはwith キンモクセイ、with couchとプレミアムな内容の二本立て。いやー毎日楽しいわ。
[PR]
by itoken_web | 2007-07-17 21:30
<< 一年 チョウ&中森デュオ >>